ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンの正式名称はヒドロキノン(hydroquinone)です。 英語の発音ではハイドロキナンと呼ばれています。 日本ではそのままの呼び方でハイドロキノンが定着したようですね。 美容関係での化粧品や皮膚薬の場合はハイドロキノンと呼ばれることがほとんどです。 ハイドロキノンとヒドロキノンは同じものとして捉えれおいてください。 ハイドロキノンの性質ですが、無色の個体常温常圧で水やエーテルに溶けます。 還元力があり、簡単に参加する特性があります。 フェノールと同じく変異原性も確認されています。

ハイドロキノンの主な用途

写真が好きな方なら知っていることでしょう。ハイドキノンは写真の現像で還元剤として利用されます。 現像主薬として現像液のメインとして使われます。ハイドロキノンの他には硫酸パラメチルアミノフェノール塩酸塩などがあります。 重合防止剤、酸化防止剤、エンジニアリングプラスチック原料、農薬原料などで使われています。 工業分野を中心に利用頻度の高い成分がハイドロキノンです。

美容業界が注目し、美白に利用

人間の応用力はとても素晴らしいもので、こんなハイドロキノンを美容関連で使うことができないか? その結果、考えて実用化させてしまいました。 ハイドロキノンのは美容業界でも注目の的です。

なんせハイドロキノンの効果である漂白としての価値が高いのです。 漂白剤ときくと、うん?と思っちゃいますよね。 ハイドロキノンを使うとマイケルジャクソンみたく真っ白になってしまうの? と不安になってしまうかもしれませんが、そんな危険なものではありません。

ただ、最近まで日本では禁止されていた成分です。 禁止と言うぐらいですから、効果は抜群。 その当時からハイドロキノンの人気は高く、輸入で購入していた人も多くいます。 [輸入で危険]な目にあった人も結構な数にのぼるようです。

今は厚生労働省の認可が下りて、美容関連商品として使用できるようになっているので安心してください。 世界でもトップクラスの、審査が厳しいといわれている厚生労働省のお墨付きが出ているのです。 このような安全面でクリアしたハイドロキノンは美容業界であっという間に美白に効果があると人気になったのでした。

気をつけておきたい注意点

最後にちょっとだけ注意点を書いておきます。 ハイドロキノンはものすごく強い薬です。 漂白をして色を取り除く力があるのです。 正しい使用方法が厳守で、間違った使い方を絶対にしてはいけません。 そこさえ注意して利用すれば、ハイドロキノンは美容にとても価値の高い薬となります。

ハイドロキノンについて詳細に知る