ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンの効果!肌の漂白剤ってホント?

ここではハイドロキノンの効果について具体的に書いていきたいと思います。 ハイドロキノンとは?でも少し触れましたが、ハイドロキノンは肌の漂白剤として知れ渡っています。 まず、日焼けやシミの原因となるものは何がご存知でしょうか?

答えはメラニン色素となります。 紫外線を浴びることによって、メラニン色素が生成されていきます。 メラニン色素はDNAを壊す太陽からの紫外線を吸収する、 人体にはとても重要なものですが、生成されすぎると、沈着したメラニン色素がいつまでたっても消えなくなることがあります。

メラニン色素は時間が経つと自然に減少していきます。 ということは、わざわざ減らすことをしなくても、メラニン色素の生成を抑えるだけで、自然と肌のシミは少なくなります。 このバランスが崩れることにより、皮膚の調子が崩れるようになります。 バランスが崩れることにより、皮膚のターンオーバーが低下してしまっているからという理由もあります。 ハイドロキノンは、そのメラニン色素に直接働きかけます。日焼けやシミの元である、 酵素(チロシナーゼ)の働きを抑え、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の減少させる力を持っています。 ハイドロキノンを塗布した場所はシミやシワなどが薄くなっていきます。 他の美白関連の力を持つビタミンCやプラセンタと比べても断然ハイドロキノンの方が効果があると言われています。

ハイドロキノンの効果が見つかるまでの歴史

ハイドロキノンがどのような歴史をたどって、美容業界で利用されるようになっていたったかを説明します。 ハイドロキノンを用いて写真現像をしていた人に不思議な現象が起こってきました。

それは肌が白くなっていたのです。ここで初めて、ハイドロキノンは人の肌も漂白することが発見されました。 その後にアメリカで色素沈着にハイドロキノンが配合され化粧品として使用されるようになりました。 日本でも、アメリカでのハイドロキノンの効果に対して、多くの医師が注目をするようになりました。

ただし、ハイドロキノンの効果は化粧品のそれを超えているという理由で、長年、医師によってのみ使用されたのです。 美容整形や皮膚科では主流となっていったハイドロキノンですが、2001年の薬事法規制緩和により、やっと化粧品で使用されることが認められました。 ここでハイドロキノンは美白の救世主として私たちの前に姿を現すようになりました。 今では多くの化粧品に、このハイドロキノンが使用されています。

ハイドロキノンについて詳細に知る