ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノン配合!美白で人気のある3つの商品

日本で売られているハイドロキノン配合化粧品はメーカーごとにさまざまな特徴があります。 購入する際にはハイドロキノンの濃度や、他の成分などをよく見ることが大事です。

ハイドロキノンの他に美白効果があると言われている、ビタミンCやビタミンC誘導体。 他にもヒアルロン酸、ビタミンA(レチノール)、プラセンタ、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、リノール酸など多岐にわたります。

現在日本に売られているハイドロキノン配合のブランド力のある人気商品は下記の3つとなります。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

美肌のエキスパートがコンセプトのアンプルールはスポットと面のダブルケアです。 シミの原因となるメラニンをブロックする成分と、新安定型ハイドロキノンのダブル使いが特徴となっています。 安定型ハイドロキノンとは安定させる物質BCDACを合成させてできた成分となります。 従来の不安定だったハイドロキノンをより安定させ、刺激を抑えています。

アンプルールは新安定型ハイドロキノを世界で初めて取り入れた化粧品メーカーです。

ビーグレン ホワイトプログラム

ビタミンC、アルプチン、ハイドロキノンをビーグレン独自の新党テクノロジーQuSome(キューソーム)のカプセルに閉じ込めてオリジナルで配合しています。

この方法では肌内部の長時間浸透して効果を長く続くことが実現しました。 アメリカブランドですので、ハイドロキノン配合の化粧品に長く携わってきている安心感があります。

オバジ HQ ブライトニングナイトセラム

オバジ HQ ブライトニングナイトセラムはハイドロキノンに特化した美容クリームです 不安定なハイドキノンを超安定させ高密着させており、 オバジ独自のナイトコンセントレイションで寝ている間に最大限の効果はを発揮させます。

ハイドロキノン配合ではない美白化粧品

ビタミンC関連やビタミンA、リノレックS、アルブチンなどはハイドロキノンの効果と比べてみても、確実に劣ります。

ハイドロキノンと同等の効果を持つ、トレチノインは正式に日本で認可がされていないため、化粧品として販売されてはいません。 化粧品として美白やシミ、シワなどを解消したい場合はハイドロキノン配合が必須となるのではないでしょうか。

ビタミンC関連などの成分はハイドロキノンの補助成分としての効果程度しかないと知識として覚えておきましょう。 商品を選び方などは商品購入の仕方を参考にしてみてください。

ハイドロキノンについて詳細に知る