ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

美白になるには?5つのポイントを抑えよう

美白ブームは長く続き、ドラッグストア等に行っても化粧品の多くが美白をうたうものばかり。 美白化粧品から、サプリメント、美容外科での施術など、その幅は広がっていっています。

日本では昔から美白は理想の肌でした。古くは平安・鎌倉時代に遡ると言われています。 昔の女性は白塗りをすることで暗い中でも、自分の顔を綺麗に見せていたようです。 美白をしたいという気持に今も昔も変わりはないようですね。

さて、今回は美白になるために必要最低な5つの知識を知りましょう。

紫外線を防ぐ

紫外線(UV)が肌に悪いということは周知の事実。 今では紫外線は悪者の代表格となっています。紫外線は肌の老化を促進させます。 過剰な紫外線を浴びることでメラニンの生成を促進し、シワやシミ、たるみなどを引き越します。 もちろん肌の色はくすんでいくので、理想の美白からは遠くなっていきます。

紫外線対策ですが、もっとも大事なのは紫外線を浴びないこと。 外に出る場合はUVカットの化粧品を使ったりしましょう。

ターンオーバーを理解する

ターンオーバーは基底層でできた肌細胞が角質層まで到達し、剥がれ落ちるサイクルのことです。 基本周期は28日前後と言われています。 ターンオーバーが正しく行われることで、肌はフレッシュな状態を保ち潤いなどを感じることができるのです。 ターンオーバーの周期が長くなるにつれて、メラニンなどを含んだ角質が付着してシミやシワなどになっていき、肌の色も色あせてきます。

良質なたんぱく質とバランスの取れた食事

肌はコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質から構成されています。 食事では良質なたんぱく質を取ることが重要になってきます。 他にはビタミンやミネラルも必要になってきます。 バランスの取れた食事を心がけることで自然に肌の状態は良くなっていきます。

睡眠を取る時間帯が大事なんです

夜10時から深夜2時までを美肌のゴールデンタイムと呼ばれています。 この間は新陳代謝が活発になります。なるべく夜更かしをせず11時ぐらいまでには就寝をしたいものです。

スキンケアで肌を保護

ハイドロキノンやビタミンC、プラセンタなどを含んだ毛用品でのスキンケアが大切になってきます。 とくにハイドロキノンとても優秀な成分となります。この成分を含んだ化粧品をメインに考えて使ってみてはどうでしょうか? 詳しくは化粧品の種類その他の化粧品を参考にしてみてください。

ハイドロキノンについて詳細に知る