ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンを使用した化粧品の種類。種類によって効果が違う

ハイドロキノンは2001年の薬事法改正により、メー力ーの責任によって化粧品に使用されるようになりました。 どの化粧品メーカーもこぞって商品を出すだろうと思いきや、日本の大手メーカーはハイドロキノン関連の化粧品を出しませんでした。 保守的な日本メーカー。とくに大手メーカーは保守的な考えて成り立っています。 ハイドロキノンのように効きすぎる成分の化粧品には手を出したくないというのが実際のところでしょう。

反対に、アメリカでは美白といえばハイドロキノンという考えがあり、一般の方にも認知されています。 数多くのメーカーがハイドロキノンの成分を用いた化粧品を多く販売しています。 日本でにあるハイドロキノンを扱っている化粧品メーカーで真っ先に思いつくのが「ビーグレン」ですが、本社はアメリカになります。

化粧水

化粧水はハイドロキノンの濃度が低く設定されています。 日本国内のハイドロキノン化粧水では1~2%程度しか含まれていないので、化粧水はじゃばじゃば使っても問題が起こることはありません。 朝夜の洗顔後に、思う存分使用なさって大丈夫です。

ハイドロキノンをいかに肌の内部に浸透させるかが化粧水を選ぶさいの大きなポイントです。 メーカーによってさまざまな技術革新がなされています。 メーカーのホームページや店頭で商品説明を見たときに、 ナノ化など、浸透力の改良がされているものを第一に選択するとよいでしょう。

海外からの輸入したハイドロキノン化粧水は注意が必要です。 海外製品の中には日本国内で販売されている濃度より、圧倒的に高いものもあるためよく調べてから使用をしてください。

クリーム

クリームは化粧水と違って、あまり使わない方もいらっしゃいますよね? ベタベタするし、値段も高めなので、スルーしがち。 でもクリームもちゃんとした効果があります。

クリームで蓋をして内部に浸透させます。 化粧水はすぐに蒸発しますが、クリームは時間をかけてゆっくり浸透していくのです。 ハイドロキノンクリームは通常使う化粧水よりは配合率が高めなものが多いです。

それでも病院で使用されるものよりは格段に少なく安全面は高いです。 あまり怖がらずに良いクリームを探してください。

化粧水と同じく、肌内部に入っていく浸透力の高いクリームが良いでしょう。

ハイドロキノンの濃度が高ければ効果があるというものでもありません。 ここについては濃度で効きも変わる?で詳しく書いているので参考にしてみてください。 また、他の成分によっても変わってきますし、そのメーカーの技術力によっても違ってきます。

ハイドロキノンについて詳細に知る