ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンのよくある疑問・質問への答え

ハイドキノンについてたくさんのことを記事にしてきました。 このサイトで多くの情報を提供してまいりましたが、疑問点などもあると思います。 ハイドロキノンを使用する前に悩むであろうところはFAQ形式で説明していきたいと思います。

ハイドロキノンを利用するにあたり注意点は?

ハイドロキノンはつい最近まで日本では認可されてこなかった成分です。 海外でも多くの国で高濃度のハイドロキノンクリームは一般では販売されていません。

美白やシミ、シワ、そばかすなどにとても優秀な効果を発揮しますが、副作用のリスクもあります。 使用上の注意を良くご覧になって、知識を持ってから使うことがいいかと思います。

病院で処方?それとも市販で購入?

市販の場合は手軽に購入できるメリットがあります。 日本で発売されているハイドロキノン配合の化粧品は2パーセント未満のものが多く、 効果と言う面では物足りないかもしれません。

病院では4パーセント以上の高濃度のハイドロキノンが処方されます。 医療機関で処方される濃度だけあって、効果も抜群です。 医師の元、利用するので安心感も高いです。

ハイドロキノンの副作用は?

赤くなる、炎症、過剰な皮剥けなどが一般的な症状です。 化粧品に含まれている濃度ではこれらの副作用が起こること自体少ないです。

これが重篤になるとカネボウ白斑問題のように白斑になることもあります。 ただし、日本で販売されている化粧品程度の濃度で白斑の副作用を起こした方はいません。

ハイドロキノ以外の美白成分と比べると?

美白で人気のある商品に書いてある、ビタミンC、ビタミンC誘導体、ビタミンA(レチノール)、 プラセンタ、アルプチンなどがありましが、ハイドロキノンの効果と比べて50分の1から100分の1と言われています。 ハイドロキノンと同等の効果があるのは他にトレチノインです。

トレチノインと併用すべき?

トレチノインは基本的に医薬品として医師の処方の元、使えることができる成分です。 病院ではハイドロキノンとトレチノイン療法処方されることがあります。 トレチノインは内部に浸透してターンオーバーを促進させる性質があります。 そのため、肌の皮が剥けやすくなり、肌自体が過敏になりがちです。 毎日化粧をする方はトレチノインの使用は難しいかなと思います。

ここは医師とよく相談して決めるのがいいでしょう。 ハイドロキノンだけでも十分効果があるので、安心してください。

ハイドロキノンについて詳細に知る