ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

リスクを知ってから使おう!ハイドロキノンを使用することで起こる重篤な副作用!

ハイドロキノンは非常分不安定な成分なので、使用方法に気を付けないといけません。 安易な利用は軽い副作用のみならず、重篤な副作用を引き起こすこともあります。 ハイドロキノンの性質をしっかりしることで、正しい効果を得ることができます。

ハイドロキノンの副作用の種類

ハイドロキノンは効果が高い分、副作用を起こす方も少なからずいます。 そのような場合は、ただちに使用を中止して皮膚科、形成外科の受診をしてください。 大丈夫だろうとそのまま使用するのはとても危険な行為で、重大な肌トラブルを起こす可能性が高いです。 素人判断はしないことが大事です。とくに使い始めのころはハイドロキノンに対しての経験が少ないため、 どの程度が許容範囲か分からないことがあります。

赤くなやかぶれ

塗った場所の皮膚が赤くなることが赤くなったり、かぶれたり皮が剥けることがよくあります。 むしろ、この状態は肌に対してハイドロキノンが効いている状態です。

しかし、痛みがひどい、炎症を起こしているなど、普通と違った感じがした場合はすぐに使用を注視して、様子を見てください。 そのまま様子をみて数日経っても治らないなら専門医の診察を受けましょう。 数日で治った場合は、また使用しても大丈夫です。ご自身の肌の状態をチェックしつつ、 また赤みやかぶれなどの症状が出たら使用を中止してください。

白斑

ハイドロキノンを使用して一番恐ろしい副作用が白斑です。 これはハイドロキノンが効きすぎて肌を漂白しすぎたことによる副作用です。 化粧品に含まれている含有量なら、問題はないと言って大丈夫です、 カネボウ化粧品の「ロドデノール」を使用した白斑問題が世間を賑わしましたが、 ハイドロキノン配合の化粧品は日本で認可が降りて以来、10年以上使われているが、白斑の被害は出ていません。 とはいえ、違和感を感じた場合は専門医のいる病院を受診するのが安全なことですね。

使用してはいけない人

妊娠している方は使用を控えた方がいいかもしれません。 ハイドロキノンには発がん性物質が含まれていると言われています。

動物実験でがん発生が高まった報告もなされています。 化粧品に含まれている程度の濃度では何かが起こる問題は少ないと思いますが、 ハイドロキノン化粧品の使用上注意に妊娠、授乳中している方は使用を控えてくださいと書かれていることが多いです。 化粧品メーカーとしては些細なリスクも負いたくないのが本音なのでしょう。

ハイドロキノンについて詳細に知る