ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンの濃度で効きも変わる?

ハイドロキノンの効きは濃度に比例していきます。 低濃度より、高濃度の方がより効果が高くなのですが、その反面副作用のリスクも上がっていきます。 ご自身の症状を見極め、ご自身に合ったハイドロキノン濃度を見つけ出すことが大事です。 ここらへんをあまり意識せずに、不用意にハイドロキノンを使用すると、肌のトラブルを招くことがあるので注意をしてください。

1~3%配合

日本で市販化粧品に使用されているハイドロキノン濃度はだいたいが2パーセント前後となります。 化粧品で使われる濃度ですので、怖がらず使えます。顔全体から身体まで幅広い用途で使用できるでしょう。 正しく使えば美白やシワ、シミなどの改善を実感できるはずです。 低濃度のハイドロキノン配合の化粧品はビタミンCなど、他の美白効果成分が含まれていることがあります。 効く、効かないはメーカーの製品によってかなり差が出てきますので、レビューサイトなどで詳しく調べてから使うのがいいと思います。

4~5%配合

国内販売の化粧品では中濃度のハイドロキノン化粧品は多くありません。 気楽に使うレベルではないので、細心の注意を図って利用することをオススメします。 使用して、赤みが引かない、皮が剥けすぎるなど、違和感を感じたら、使用を停止して、 数日経過しても良くならない場合は医療機関を受診した方がいいと思います。 また、医療機関では4~5パーセントを処方されることが多いです。 医療機関で処方されるレベルの濃度ということを覚えておいてください。

6%配合

海外製の中には6パーセントを超えるものがぞろぞろあります。 輸入品の危険性で詳しく書いてありますが、6パーセント以上のハイドロキノンは効果も高いですが、 危なさもかなり高まります。 正直言って、このレベルの濃度まで行くと素人判断で使用するのはかなり怖いと思います。 もし高濃度のハイドロキノンを使用したいと思うのなら、 何かちょっとでも違和感が起きたらすぐに専門医のいる病院を受診するという気持でいてください。

こんな臨床データも?

低濃度のハイドロキノンを使用した人でも数パーセントの人が肌に対してのトラブルを起こす報告もあります。 大半が肌の痒みや、赤みといった軽い症状ですが、ハイドロキノンの濃度に関係なくトラブルが起こることは知っておいてください。 本格的に利用する前には「パッチテスト」をして安全を確認する方がいいともいえます。

ハイドロキノンについて詳細に知る