ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンと同様にシミ、シワに効果が実証されている美容成分

美白やシミシワ、ソバカスなどを解消したい場合に第一候補はハイドロキノンですが、 他にも美白やシミシワ、ソバカス解消に効果がある成分ないのでしょうか? このページではハイドロキノンと同じようにポピュラーで効果が実証されている成分を解説していきます。

ビタミンC

ビタミンCにはシミシワやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えたり、抗酸化作用が強い性質を持ちます。 抗酸化作用は酸素が関与する有害な反応を減らしたり、取り除いていてくれる体に取っては必要不可欠な物質です。 美肌・美白と言えばビタミンCが世間一般で認知されていますね。 化粧品で使用される場合はビタミンC誘導体配合のものを選ぶと良いでしょう。 ビタミンC誘導体は本来不安定なビタミンCを壊れにくく安定する性質を持ちます。 この性質によって肌に対する浸透率を高め、効果を上げる役目を担います。 水溶性と脂溶性の2通りがあり、前者は化粧水や美容液、後者はクリームなどに用いられることが多いです。 ビタミンC誘導体でコーティングされたビタミンCは真皮まで届き、コラーゲンを生成させる手助けをします。

プラセンタ

プラセンタも美容業界で注目されている成分の一つです。 メディアや雑誌でもシワ、たるみ等に効果がると紹介されることが多いですよね。 そんなプラセンタですが、実はこれ、胎盤から抽出されたエキスとなります。 プラセンタは成長因子(グロスファクター)と呼ばれ、細胞を活性化させる因子です。 胎盤が持つ母なる成分で人体を育むとても重要なものです。 胎盤は古くから、滋養強壮、若返りの薬として重宝されてきた歴史があります。 アンチエイジングの面で見ると美容外科などでプラセンタ注射は大人気の施術となります。 成長因子であるプラセンタが内部に入ることでシミやたるみ、美白などの効果が表れるようになります。 美容面だけではなく、自律神経を整えたり、免疫の正常化の効能など健康面でも絶大な効果を発揮します。更年期障害の治療としても使われることがあります。

ハイドロキノンと比べて

ビタミンCとプラセンタの美白効果とハイドロキノンを比べると、違いは10倍以上あると言われています。 ハイドロキノンの方が圧倒的に効きます。 シミやしわに対しても、ビタミンCやプラセンタは予防的な役割ですが、 ハイドロキノンでは、出来てしまった色素新着に直接働きをかけて治します。 ビタミンCとプラセンタはハイドロキノンの補助的要素としては優秀ですので、 併用して使われることがよろしいのではないでしょうか?

ハイドロキノンについて詳細に知る