ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

そばかすの原因

そばかすというと白人に多いイメージがあるかと思います。 赤毛のアンの主人公もそばかすが多かったですよね? このように若い白人のイメージが強いそばかすですが日本人でも色が薄い人には見かけることがあります。 色白な方に見られる特徴のそばかすですが、多くは思春期頃に現れやす特徴があります。 ちょうどお洒落が気になる年齢のころに現れやすい症状です。 もし、自分のお子さんにそばかすを見つけた親御さんは早めに対処してあげてください。 そばかすは適切な方法をとれば改善していきます。

そばかすとは?

そばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。 不思議な呼び名ですが、そばかすの色を知ると分かりやすいでしょうか。 そばかすは淡褐色から黒褐色で、この色が雀の卵に似ていることから名づけられました。 顔だけではなく、手や背中、肩などに散らばるように身体に現れます。 紫外線を浴びることで悪化するのはシミもそばかすも一緒です。 出来るだけ、紫外線を浴びないよう努力することが必要になります。 ここらへんもシミやシワと同じですね。

そばかすとシミはまったくの別物

インターネットで「そばかす」と検索すると多くのサイトがシミとセットで解説をしています。 この結果をみて、そばかすとシミは一緒なものだと思う方がいるかもしれません。 そばかすには先天的と後天的があるのですが、先天的な場合のそばかすとシミはまったくの別物となります。。 両親にそばかすがある場合は子供にも遺伝しやすい特徴があります。 だいたいは年齢を取るにつれて濃くなっていき、15歳前後の思春期頃がもっとも色の濃い状態となります。 その後は年齢と共に薄くなっていくことがほとんどです。

先天的そばかすと後天的そばかすで治療方針が違う

そばかすが治らないで目立つのなら皮膚科や形成外科で専門医の診断を受けてください。 未成年でしたら、先天的なそばかすなので、治療には病院でのハイドロキノンクリーム処方やレーザー照射が一般的です。 レーザー治療は金額が高くなるため、まずはハイドロキノンクリームやビタミン類で様子を見るケースが多いようです。 後天的なそばかすはシミと同様に捉えて大丈夫です。 先天的なそばかすと違い、後天的そばかすはそのまま放置をしても自然とよくなることはありません。 もし後天的そばかすが出来てしまった場合は、ハイドロキノン化粧品などの利用を検討すべきだと思います。

ハイドロキノンについて詳細に知る