ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンを配合した洗顔石鹸やボディケアもおすすめ

ハイドロキノンで美白効果を得たい場合や、 しわ、シミ、ソバカスを治したいときには美容液(化粧水・クリーム)を利用するのが良いでしょう。

これに関しては化粧品の種類で書いてあるので、参考にしてみてください。 ご自分で出来るケアとしてポピュラーになるのが化粧水やクリームがメインなのですが、 ハイドロキノンを配合した商品は他にもあります。 その中でも人気が出てきている「洗顔」や「ボディケア」商品などがあります。 中でもボディケア商品は女性特有の悩みである、デリケートゾーンの黒ずみに対して効果がると言われています。

洗顔(石鹸)でくすみ解消?

ハイドロキノンを配合した石鹸の効果はピーリング成分と合わせて作らているものや、 純粋に肌のくすみを解消する目的なものなど、化粧品メーカーの商品コンセプトによって中身が違ってきます。 ハイドロキノン配合の洗顔では、角質層まで浸透して、なめらかなくすみない素肌に導いてくれるでしょう。 理想とする洗顔をしたいと思い石鹸の購入を検討しても、ハイドロキノンの成分だけではなく、他の成分にも着目しましょう。 ハイドロキノンが強い成分のため、なるべく肌のうるおいを保つような成分が入っているものを選ぶと良いかもしれません。 夜用に推奨として売られている石鹸もあります。用法をちゃんと見てから使用してください。

ボディケアの人気が高まっています

顔だけではなく、身体の黒ずみで悩んでいる方にはハイドロキノン配合のボディケアが必須! 肌が露出しない部分は、日中に日光や紫外線を浴びる心配がありませんので、夜だけではなく、朝も塗ることができます。 身体の場合は顔に塗るよりも不安感が少ないですよね。とくに女性の方は顔は命。 顔のくすみやシワなどが気になる方で、ハイドロキノンが気になるのでしたら、一度、身体で確かめてみるのも選択の一つとしてあると思います。

飲み薬は存在しません?

皮膚科や形成外科などで処方薬というと飲み薬を連想する方が、いますが、病院で処方されるのは塗り薬です。 ドラッグストアなどにあるシミソバカスに効果がると言われて販売されていますが、効果は期待できないのが本当のところ。 主な成分は「ビタミンC(L-アスコルビン酸)」や「L-システイン」というものです。 どちらの成分も美白やシミシワに効果がありますが、それは限定的なものです。 ハイドロキノンと比べると、過度な期待はできません。

ハイドロキノンについて詳細に知る