ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

知っていましたか?顔以外でもハイドロキノンが使用できます

綺麗な自分であり続けたいのが女性の常。顔だけではなく全身のケアもしたくなるものです。 女性にとって乳輪(乳首)、腋(ワキ)の下、ひじ(ひざ)お尻、デリケートゾーン(ビキニライン)といった箇所の黒ずみは 誰かに相談できるものではありません。 また病院などにも行きづらく、自分自身で自己解決したいものです。 その他の商品にも書いてありますが、ボディの部分にもハイドロキノンは使用ができます。 化粧品の種類を見るとクリームの他に化粧水があるのですが、 ピンポイントで改善していくことを考えるのであれば、使用するのはクリームの方がいいでしょう。

顔以外の使用しても良い部位

ワキ

脇は腕と擦れる部分であるため、色素沈着を起こしやすい部位です。 ワキの黒ずみの原因は腕とワキの摩擦によるところが大きいのです。このため色素沈着をおこしやすくなります。 カミソリで剃って炎症をおこして、それが原因で色素沈着になることもあります。

ひじ・ひざ

ひじとひざの黒ずみと関係にあるのが角質とメラニンです。ワキ同様に摩擦などによって色素沈着になりやすくなります。 ひじ、ひざは古い角質が溜まりやすい場所でもあります。これらの要因でひじ、ひざの黒住みになっていきます。

乳頭・乳輪

乳頭や乳輪の色は生まれつきによるものが大きいです。女性ホルモンによってや、摩擦などによって色素新着を起こし黒くなっていく人がいます。妊婦の方がワキや乳輪、乳頭が黒くなるのも女性ホルモンが大量に分泌されメラニンが生成さえれ色素沈着を起こさせます。

デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒住みも生まれつきの性質、女性ホルモン、摩擦などが原因となります。

ハイドロ配合クリームを塗って女性特有の悩み解消

塗るコツですが、やはり就寝前がベストです。 ハイドロキノンクリームを塗っあとに服による摩擦をなるべく起こさせないようにすることも重要です。 なるべく塗った箇所に刺激を与えないようにするために、ぴったりとした下着を身に着けるのは止めましょう。

デリケートゾーンで注意が必要なことが一つあります。 クリームは外部だけにとどめておき、内部の粘膜周辺に塗るのは止めてください。 年々色が濃くなっている方は早めに対処した方がより効果が表れるまで早いです。 ハイドロキノン配合のクリームを塗ることで、女性特有の悩みが解消されることになるでしょう。 茶色い、黒いと悩んでいる女性にとって、ハイドロキノンクリームを使うことによって自信にも繋がります。

ハイドロキノンについて詳細に知る