ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンの使い方!正しい顔に対しての使い方は必読!

ハイドロキノンは絶大な効果を発揮しますが、その絶大な効果を生むリスクとして重篤な副作用が発生することもあります。 日常的に使用するとして、どのようぬ使えばいいのかしっかりと理解していかなかればいけません。

間違った使い方をすれば、逆にシミが増えたり、白斑になったりする可能性もあります。ハイドロキノンは化粧品の前に医薬品だということを知っておいてください。 正しい知識を得てアフターケアをすることで、夢のような効果を持つハイドロキノンでシミやシワ、美白になるのです。

正しい顔に対してのハイドロキノンの使い方とは?

ハイドロキノンを塗布する前に、しっかりと肌を洗って清潔にしましょう。 その際には刺激の少ない成分で洗顔をしてください。 ハイドロキノンを塗る前に、過度な刺激を肌に与えてはいけません。

洗い方もソフトに優しくしてください。ひごろ、ゴシゴシ洗う方は気を付けてください。 皮膚に傷を付けないように細心の注意を払ってください。 洗顔後は少し肌を休めておきましょう。時間にすると30分ほどでしょうか。

なぜなら、洗い立ての肌は水分を吸収していて、ハイドロキノンの成分が必要以上に入り込んでしまう可能性があります。 化粧水や美容液を塗っておいて構いません。

30分ほど経ってから、ハイドロキノンを塗っていきます。 顔全体に塗るのではなく、シミやシワ、ソバカスなど気になるところに、綿棒などでポインポイントで塗りつけてください。 塗る時間帯は夜が良いといわれています。

ハイドロキノンは熱や光に弱いため、肌に塗布してから外出して日光や紫外線を浴びると、肌に対して悪い作用を起こすことがあります。 肌に対して、無駄なストレスを与えることで肌トラブルのリスクも高めてしまいます。 朝に起きて洗顔をするときに、ハイドロキノンをしっかり洗い取ってください。

そして、夜また綺麗に洗顔をしてから塗布。 このサイクルを1か月以上続けることを推奨します。 肌のターンオーバーが28日周期なので、最低でも、これぐらいの期間は使用しないと効果は見込めません。

だいたいに人はこれぐらいの期間で効果が表れてきますが、もし1か月以上使用しても効果がない場合は ハイドロキノンの濃度を変更したり細かい調整が必要かもしれません。 ハイドロキンの効果は絶対的なものですので、焦らず、諦めないで使用することが大事。 人によっては肌のターンオーバーが2回目。期間でいうなら、2か月目ぐらいから効果が出てくる人もいます。

ハイドロキノンについて詳細に知る