ハイドロキノンの効果や使い方、注意点をわかりやすく!

ハイドロキノンの輸入品の危険性!注意することは?

ハイドロキノンは2001年の薬事法改正により厚生労働省から認可を受けました。 この改正により、化粧品へ配合が許可されました。

アメリカ食品医薬品局(FDA)ではそれより以前から肌の美白に対して使用されていました。 日本にいる方でどうしてもハイドロキノン配合のクリームが欲しくなったときにどうしたかというと、個人輸入で購入していました。

2000年以前はまだインターネットも普及しておらず、個人で購入するにはとても大変な苦労をされたようです。 2000年以降はインターネットの普及により、個人輸入で購入することが簡単になっていきました。 バイアグラなどのような日本では医師の処方が必要なものも、個人輸入で手に入れられることになっています。

現在は簡単に海外からハイドロキノン化粧品を購入することが可能

ここ数年は美容系の商品を取り扱っている海外サイトの中には、日本語対応で日本人にアプローチをしているところも増えてきました。 普通に日本のサイトで購入しているのと、なんら変わりがなく購入することができます。

海外には日本では一般ではないブランドが多数存在します。 日本では認知度が低いとはいえ、アメリカでは人気の高いメーカーも数多くあります。 海外サイトから直接、ハイドロキノンクリームを購入するときは、日本で買うよりも安く手にいれることができます。 ブランドや商品の数もかなりなので、探す大変さと楽しみが味わえるのではないでしょうか。

しかしながら、アメリカではハイドロキノン配合の化粧品が少なくなっているんです。 その理由は下を読み進めてください。

輸入購入するときに注意すること

アメリカでは、ハイドロキノンに規制がかかるようになりました。 2006年から2パーセント以下は店頭で販売できますが、4パーセント以上は処方箋ないと買うことができないようです。 アメリカの海外サイトではハイドロキノン配合は2パーセント以下となっています。(ハイドロキノンの濃度で効きも変わる?) ヨーロッパでは多くの国で規制がかかっています。

2パーセント程度なら日本の化粧品と違いがないじゃないかと満足しない方は、個人輸入代行会社を使うことが多いようです。 個人輸入代行会社が扱うハイドロキノンクリームは4パーセント以上があります。トレチノインも購入可能。 この高濃度のハイドロキノンはインド産のものが主流なようです。

高濃度のハイドロキノンが欲しい方には嬉しいのかもしれませんが、安全面などで不安もあります。 利用は自己責任が伴うことをよく理解してください。

ハイドロキノンについて詳細に知る